石川SCスローガン

・サッカーは楽しくPLAYしろ!

 練習は苦しいもの。試合は楽しむもの。

・苦しい時こそ笑え!

 笑顔は気持ちに余裕を生み、潜在能力を開花させる。

・価値のある勝利を目指せ!

 僅差(きんさ)でも内容のある勝利、次につながる勝利を目指す。

 

スタッフ心得

・練習中は率先して指導する。

・よいサッカーをプレーさせる環境を与える。

・練習は厳しく、試合では選手の意思を尊重する。

            ・指示はOK、命令はNG。

            ・指導方法を工夫し、個人にあった指導を心がける。

 

団員心得

・挨拶の徹底。大きな声で。

・何事にも率先して行動する。

・周囲の目を常に意識した行動。

・エナメルバック内の整理整頓(中・高学年)。

 

一人の優秀な指導者ではチームは強くならない。

 大勢のスタッフの連携によりチームは強くなる。

          学年別指導のポイント

低学年(I チーム)

<育成ポイント>

・サッカーの楽しさを覚えさせる。

・勝つ喜び、負ける悔しさを体感させる。

・継続して練習に取り組む姿勢を学ばせる。

・試合中、積極的に参加するよう指導する。

・沢山ボールを扱える機会を作る。

・試合の機会を沢山与える。

<強化ポイント>

・ドリブル・インサイド・トラップ・ヘディング及びリフティングを中心に、基礎技術を楽しく学ばせる。

・子供はシュートをゲームが大好きです。シュート練習とミニゲームはどんどん取り取り入れましょう。

・サッカー活動に飽きが来ない様、サッカー以外のレクレーションの機会を増やしましょう。 

中学年(Eチーム)

<育成ポイント>

・継続して練習に取り組む姿勢を学ばせる。

・練習中や試合中の声出し、試合後のミーティングにより、チーム内の連携を深める。

・Aチームと合同で練習やゲームを行い、見て学ぶ(手本)事や常に高いレベルを目指す事を学ばせる。

<強化ポイント>

・インサイド・インステップ(蹴る技術)の強化向上を目指す。

・トラップ(止める技術)の強化向上を目指す。

・トラップ後の動作(周りを見る)など、次へ繋げるプレーの向上を目指す。

・1対1でのドリブル突破からシュートまでの得点決定率を強化する。

・全体的な基礎技術(ヘディング・スローイン)や基礎体力(ランニング)の向上を目指す。

・MTMの実施。

高学年(Aチーム)

<育成ポイント>

・公式戦での勝利へのこだわりを体感させる。

・トップチームとしての自覚を持たせる。

・下級生への手本となる振る舞いを指導する。

・合同練習などを取り入れ、コミュニケーション能力の向上を目指す。

<強化ポイント>

・インサイド・インステップ(蹴る技術)の強化向上を目指す。

・トラップ(止める技術)の強化向上を目指す。

・トラップ後の動作(周りを見る)など、次に繋がるプレーの向上を目指す。

・1対1でのドリブル突破からシュートまでの得点決定率を強化する。

・身体を使ったプレー技術の向上を目指す(ボディーバランス)。

・2対2、3対3など多人数での状況判断能力の向上を目指す。

・基礎体力(ランニング)の向上を目指す。

・チームメイト同士の連携を強化する。

・MTMの実施。

石川SC

            名古屋グランパスエイト

日本サッカー協会
日本サッカー協会
神奈川県サッカー協会
神奈川県サッカー協会
藤沢市サッカー協会
藤沢市サッカー協会
Jリーグ
Jリーグ
ジュニアサッカーを応援しよう!
ジュニアサッカーを応援しよう!
なでしこジャパン公式サイト
なでしこジャパン公式サイト
サカイク
サカイク
J's GOAL 
J's GOAL 
湘南ベルマーレ
湘南ベルマーレ
横浜F・マリノス
横浜F・マリノス
横浜FC
横浜FC
川崎フロンターレ
川崎フロンターレ
INAC神戸
INAC神戸